キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • おっぱぶ・セクキャバの仕事内容まとめ!接客のコツ・給料形態なども解説

    おっぱぶ・セクキャバの仕事内容まとめ!接客のコツ・給料形態なども解説
    風俗業界には色々な業種がありますが、おっぱぶやセクキャバで働きたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

    おっぱぶとセクキャバは風俗業界で唯一の時給制のお仕事で、比較的安定して稼げるお仕事です。

    そんなおっぱぶとセクキャバですが、具体的にどのような仕事内容なのでしょうか?

    接客のコツや給料形態なども踏まえて、おっぱぶとセクキャバの仕事内容を解説していきます。


     

    おっぱぶ・セクキャバとは、キャバクラ以上風俗未満


    おっぱぶとセクキャバとは、簡単に説明すると、お酒を飲みながら女性キャストへお触りができるお店です。

    男性客と密着してイチャイチャするというのもサービスのひとつとなっています。

     

    おっぱぶとセクキャバの違い

    おっぱぶは「おっぱいパブ」の略、セクキャバは「セクシーキャバクラ」の略です。

    実は仕事内容には違いはなく、呼び方が違うだけ。

    お店や地域によっておっぱぶと呼ぶこともあれば、セクキャバと呼ぶこともあります。

     

    一番の特徴は“抜き”サービスがない点

    おっぱぶとセクキャバは少しハードなお触りをされることもありますが、基本的に“抜き”サービスはありません。

    ここが一般的なヘルスやデリヘルなどの風俗店との違いです。

    基本的には、キスをしたり、胸を触られたりしながら、お酒を提供する…と言った仕事内容になります。

    お酒の相手をするため、通常の風俗に比べるとある程度のトークスキルが必要になるのも特徴のひとつです。

     

    法律上での括り・営業時間は?

    ヘルスやデリヘルなどの風俗店は、性風俗関連特殊営業の位置付けとなりますが、おっぱぶやセクキャバは、飲食店営業&風俗営業の位置付けになります。

    つまり、括りはキャバクラやスナック、ホストと同じです。

    そのため、営業時間は深夜0~1時までと法律で決められています。

     

    店内の雰囲気が特徴的

    おっぱぶやセクキャバは店内の雰囲気にも特徴があります。

    基本的に店内はキャバクラと同じようなフロアになっており、照明は薄暗く、派手なBGMが鳴っているのが特徴的です。

    ソフト系のお店は照明が明るくオープンスペースになっていることもありますが、仕事内容がハードになればなるほど、照明が暗くなり、フロアがカーテンで仕切られていたり半個室になっていたりします。

     

    おっぱぶとセクキャバの仕事内容!種類によって異なる


    おっぱぶとセクキャバには、ソフト系とハード系の2つの種類があり、それぞれ仕事内容が異なります。

    それぞれの仕事内容をチェックして、どちらのお店が自分に合っているのか確認してみましょう。

     

    ソフト系おっぱぶ・セクキャバの仕事内容

    ソフト系のおっぱぶ・セクキャバは、「イチャキャバ」と呼ばれることもあり、どちらかというとキャバクラに近い仕事内容になっています。

    仕事内容の詳細はお店によって異なりますが、服も脱がず、キスもNGになっている場合が多いです。

    30~40分に1回ダウンタイムが行われ、その時間だけお客さんの上に跨り上半身のお触りを受けるなど内容がハードになります。

    基本的にはお客さんにピッタリくっつきながらお酒を飲むなど、密着接客が求められることが多いです。

     

    ハード系おっぱぶ・セクキャバの仕事内容

    ハード系のおっぱぶ・セクキャバは、上半身トップレス・ディープキスOK・生乳舐めお触りOKなど、サービス内容がハードになっているのが特徴です。

    ソフト系のお店に比べると照明は暗く、半個室のお店が多いです。

    接客中は衣装を着ている場合も多いですが、ダウンタイムで上半身トップレスになり、生乳お触りし放題というお店が多くなっています。

    お店によっては、オールタイムお触りOKの場所もあり、全体的にハードなのが特徴です。

    下半身のお触りは基本的にはNGですが、お店によっては女の子の判断によってOKにしているお店もあります。

    抜きサービスは法律で決められているのでNGです。

     

    お店によるシステムの違い

    おっぱぶ・セクキャバは、お店によって様々なシステムが導入されています。

    基本システムは、1セット40~60分と決められており、1セットの間に2~3人女の子が入れ替わります。

    指名ではない場合、1人のお客さんの相手をするのは大体10~15分ほど。

    また、お店によって「ショータイム制」と「オールタイム制」があり、これによって仕事内容が異なるのでよく確認しておきましょう。


    【ショータイム制】
    既定の時間に照明やBGMが切り替わり、その時間だけ女の子がお客さんの上に跨り、上半身のお触りがOKになるシステムです。

    ダウンタイムやハッスルタイムと呼ばれ、お店によってお触りの範囲や服を脱ぐ・脱がないなどが異なります。


    【オールタイム制】
    ダウンタイムなどの時間は設けず、いつでもお触りOKというシステムです。

    触れる場所などルールはお店によって異なりますが、ハード系のお店に多い傾向があります。

     

    おっぱぶ・セクキャバの接客の流れ

    おっぱぶやセクキャバでは、次のような流れで接客をしていきます。

    仕事内容はそんなに難しいものではありません。


    ・お客さんが席に着く
    席に着いたお客さんにはお酒を作り、会話をしていきます。
    オールタイム制の場合は最初からお触りが発生する場合がありますが、ショータイム制の場合はダウンタイムが来るまでイチャイチャしながら会話を盛り上げていきましょう。

    ・ダウンタイム
    ダウンタイムの時間になったら、お客さんに跨り上半身のお触りサービスを受けます。ダウンタイムの時間はお店によって異なりますが、3~5分ほどで終了するお店が多いです。

    指名が入らなければ基本的に1人のお客さんの接客をする時間は、10~15分ほどになります。

    サービス内容はお店によって異なりますが、キス・胸へのお触り・乳首舐めなどが基本です。

     

    おっぱぶとセクキャバの給料形態・服装・ノルマは?


    おっぱぶとセクキャバの給料形態や服装、ノルマなど、細かいところが気になっている方も多いはず。

    詳細はお店によって異なりますが、具体的には次のような内容になっています。

     

    給料は時給+歩合

    おっぱぶとセクキャバの給料形態は、時給+歩合が基本です。

    ヘルスやデリヘルなど一般的な風俗は完全歩合制ですが、おっぱぶやセクキャバは時給制となっており、安定してお給料が稼げます。

    平均時給は地域によって大幅に異なり、3,000~8,000円ほど。

    売れっ子は月に150~200万円以上稼いでいる女の子もいます。

    給料日は日払いや週払いのお店が多いです。

     

    服装は衣装が決められているお店が多い

    服装に関しては、多くのお店で衣装が決められています。

    コンセプトが決まっているお店であればコスチュームで、基本的にはセクシードレスやランジェリーが多い傾向で、衣装はお店が無料で貸し出しをしてくれるのでご安心を。

    クリスマスやハロウィンなどのイベント時にはコスプレをするお店が多いです。

     

    ノルマはそこまで厳しくない

    基本的にそこまでハードなノルマを設定しているおっぱぶ・セクキャバはありません。

    なぜなら、キャバクラより過激なサービスが求められるからです。

    ノルマがある場合でも、ほとんどの女性がクリアできるくらい軽いお店が多くなっています。

    同伴やアフターなどもないので、ノルマに関してはキャバクラより軽いと思っていいでしょう。

     

    男性はなぜおっぱぶ・セクキャバに来る?客層の特徴について


    「抜きサービスがないのに、なぜ男性はわざわざおっぱぶやセクキャバに来るんだろう?」
    「おっぱぶやセクキャバって本当に需要あるのかな?」

    と疑問に思われている方もいるかもしれませんが、おっぱぶやセクキャバは女性が思っているより人気です。

    男性は、次のような理由でおっぱぶやセクキャバを利用します。

     

    恋人気分を味わいたい

    おっぱぶ・セクキャバは、お酒を飲みながら女性とイチャイチャできるお店です。

    ハグやキスをして恋人気分を味わいたい…そんな男性もいます。

    ヘルスやデリヘルに比べて密着度の高い恋人気分が味わえる、というのがおっぱぶやセクキャバを利用する理由のひとつなのでしょう。

    そのため、恋人演技の上手な女の子は必然的に人気が出る傾向にあります。

     

    みんなで盛り上がりたい

    おっぱぶやセクキャバは、お酒を提供できるお店である分、団体客も多く足を運びます。

    そのため、みんなで盛り上がることを目的としている場合も。

    みんなでワイワイ盛り上がるような会話が必要となるシチュエーションもあるでしょう。

     

    お酒込みで楽しみたい

    おっぱぶやセクキャバは、セットにお酒の料金が含まれています。

    そのため、お酒も込みで楽しみたいという方も多く、飲み会のあとの二次会としての利用も多いです。

    酔っているお客さんの相手をする必要があるので、慣れておく必要がありそうですね。


     

    おっぱぶ・セクキャバはどんな女性に向いている?


    おっぱぶやセクキャバは、ヘルスやデリヘルなどの風俗店に比べて少し特殊です。

    そのため、個人個人に合う・合わないが出てくるでしょう。

    向いている人、向いていない人の特徴をあげていくので、おっぱぶやセクキャバが自分に合うのか確かめてみてくださいね。

    【おっぱぶ・セクキャバが向いている人】
    ・歩合制より時給制で安定したお給料が稼ぎたい
    ・胸が大きい
    ・キスや触られること、受け身になることに抵抗がない
    ・乳首が強い
    ・どちらかというと社交的

    【おっぱぶ・セクキャバが向いていない人】
    ・キスや触られること、受け身になることが苦手
    ・どちらかといえば責める方が楽
    ・肌や皮膚が弱い
    ・乳首が敏感

     

    まとめ

    おっぱぶやセクキャバは、ソフト系とハード系に分かれており、システムやルールもお店によって大幅に異なります。

    だからこそ、自分に合ったお店に入店することが重要です。

    自分に合う働きやすいお店に入店できれば、ヘルスやデリヘルより高いお給料が稼げることもあります。

    あなたにぴったりの良質なおっぱぶ・セクキャバを見つけたいなら、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」の利用がおすすめ!

    ヴィーナスジョブドットコムには風俗店の求人情報を多数掲載しており、おっぱぶやセクキャバの求人情報も豊富です。

    検索もしやすく、自分にぴったりのお店に出会えるので、おっぱぶやセクキャバへの入店を考えている方は、ぜひヴィーナスジョブドットコムを利用してみてくださいね。

関連記事

急上昇のキーワード