キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 兼業風俗嬢の本業は?元々何をやっていた人が多いの?

    兼業風俗嬢の本業は?元々何をやっていた人が多いの?
    風俗嬢として働いている女性の中には、昼職と掛け持ちをしていたり、他の水商売と掛け持ちをしていたり、兼業として働いている方も多くいます。

    風俗で働く女性には色々な事情を抱えている人が多いです。

    兼業風俗嬢は本業でどんな仕事をしているのか、また、現役風俗嬢は前職で何をしていたのか、気になっている方も多いのではないでしょうか?

    今回は、そんな兼業風俗嬢の本業や現役風俗嬢の前職について迫りたいと思います!
     

    現役風俗嬢は元々何をやっていた?風俗嬢の前職に迫る!


    風俗嬢は、世間的にはあまり良い印象を抱いてもらえないのが厄介なところですよね。

    どうしても良いイメージがない分、世間的には風俗嬢に「中卒」「フリーター」などという印象を持つ方も多いようですが、最近の風俗嬢はもともと一般的な職業で前職をしていたという方も非常に多いです。

    では、どんな前職が多いのでしょうか?

    実際にピックアップしてみました。
     

    美容師・ネイリスト

    美容師やネイリストなど美容系の前職をしていたという風俗嬢は多いようです。

    風俗嬢に転職した理由としては、こういった美容系の仕事は年収が低く、生活すら大変になってしまうから。

    厚生労働省によると美容師の平均年収は280万円前後、ネイリストの平均年収は320万円前後と低めになっています。

    そんなことから金銭的な理由で、風俗業界に転職する人が多くなっているようです。
     

    看護師・介護士

    看護師や介護士の場合、上記のような美容系の仕事よりは年収が高いと言われていますが、忙しさや大変さから風俗嬢に転職する傾向にあるようです。

    仕事内容はかなりの重労働になり、心身共に余裕がなくなって風俗嬢になろうと考える機械が多くなるのかもしれませんね。

    さらに、看護師や介護士は患者の身体を拭いたり、排出物の処理を手伝ったりと、普段から風俗に近い仕事をしているため、元々風俗の仕事内容に抵抗がないというのも理由のひとつとして考えられます。
     

    アパレル定員

    美容系の仕事と似た理由になりますが、アパレル定員も平均年収が300万円前後と低く、金銭的に満足いかないことから風俗嬢に転職する人が多いようです。

    年収が低いだけではなく、店内で着用する洋服を購入したり、美容にも気をつけなければいけなかったりと、別の面でも大変な仕事で耐えられなくなる女性も少なくありません。
     

    キャバクラ・クラブ・ラウンジ

    意外にも、キャバクラやクラブ、ラウンジなどが前職で、元々夜の世界にいた女性が風俗に転職するケースもあります。

    理由は様々ですが、知人の紹介や、「もっと稼ぎたい!」といった理由で風俗嬢への転職を考える機会が多くなるようです。

    また、キャバクラやクラブで働いている女性の中には、ホストに通っている方も多く、よりそちらにお金を使いたいという理由から風俗に転職する場合もあります。

     

    掛け持ちをしている兼業風俗嬢も多い!その理由は?


    冒頭でも話した通り、風俗業界では、本業で別の仕事をしていて、風俗嬢はあくまで副業という位置づけの人も多くいます。

    特に最近では色々な職業から掛け持ちで風俗嬢を始める方も多く、兼業風俗嬢として働いている方が年々増加してきているようです。

    学生のバイトの一環で風俗に来る人もいれば、主婦の合間にパート感覚で…という人も多く、店舗によっては掛け持ちで風俗嬢をやっている子の方が多いところも。

    風俗は一般的な職業に比べると、短時間で高収入が得られるほか、自由出勤なので掛け持ちとしては最適なお仕事です。
    とても効率のいい仕事なので、今後もこういった働き方は増えていくでしょう。
     


    一般的なOLがお小遣い稼ぎとして風俗を始めるパターンも

    上記で紹介した風俗嬢の前職にOLはありませんでしたが、最近では一般企業に勤めるOLも副業の一環として風俗を始める方が多くなってきています。

    一昔前までは、風俗嬢=怖いというイメージや固定概念がありましたが、最近ではそういったものも薄くなってきて、女性が手軽に働ける職業になりつつあるのでしょう。

    本業の年収に困っているわけではないけどお小遣い稼ぎのために…と、気軽な気持ちで始める方も多くなってきています。

     

    特殊な理由を抱えて風俗嬢になる人も…


    風俗で働く理由として最も多いのが「お金のため」ではありますが、その理由とは別に、風俗でしか働けない事情を抱えている女性も多くいるようです。

    そもそも風俗は決して簡単な仕事ではありません。

    世間一般では、“簡単に高収入を稼げる仕事”と謳われることが多いですが、決して簡単な仕事ではないのです。

    例え生理的に受け付けない相手であっても、不特定多数の男性と身体を重ねなければいけません。

    いつかはやめたいと思っている女の子が大半なのは事実でしょう。

    そんな気持ちを抱えながらも風俗嬢として働く女性たちには、どんな裏事情があるのでしょうか?

     

    大学の学費を稼ぐため・奨学金を返すため

    家庭の事情で学費を自分で支払わなければいけないという女性も多いようです。

    この場合、学生の傍ら一般的なアルバイトで学費を支払うまで稼ぐのは難しいため、風俗のお仕事を選ばざるを得なくなります。

    また、大学は卒業したけど、就職先が低収入で奨学金が払えない…という理由から風俗嬢になる子も多いです。
     

    シングルマザーで生活費や養育費が必要だから

    離婚をキッカケにシングルマザーになり、生活費や子供の養育費が必要になり、風俗のお仕事を選ぶケースも。

    キャバクラなどの別の夜のお仕事もありますが、風俗は昼間も働くことができるため、子供を保育園や幼稚園に預けている時間帯に働けることから選びやすいという理由もあるようです。

    風俗店には、熟女専門店があったり、託児所を完備している店舗もあったりと、シングルマザーでも働きやすい環境が整っているのも働きやすさのポイントといえるでしょう。
     

    親の借金返済のため

    意外かもしれませんが、親が借金を抱えており、代わりに返済をするために風俗嬢になったという人も少なくありません。

    親の借金ではなく、自分の借金返済のために風俗を選ぶ方もいます。
     

    金銭感覚の狂いから

    最近はパパ活が流行していることもあり、昔に比べて風俗のお仕事を始める女性が格段に増えてきました。

    そのひとつの理由として、パパ活によって金銭感覚が狂ってしまったため、風俗でしか働けなくなってしまったというものがあります。

    一度パパ活をしたり風俗で働いたりして金銭感覚が狂ってしまい、他の一般的な職業に就けなくなってしまう方も多いようです。



    就職が上手くいかなかった

    一度就いた仕事が続かず、その後の就職も上手くいかずに最終的に風俗に流れ着いたという女性も多くいるようでした。
    仕事には人それぞれ合う・合わないがあります。

    働こうという意思があっても仕事が自分に合わず続かないということもよくあるでしょう。

    そういった方の中には、風俗の仕事が合っていて働きやすいという場合もあるようです。
     

    まとめ

    風俗一本で働いているという人より、兼業風俗嬢として働いている人の方がイマドキは多いのかもしれません。

    いまだに、風俗嬢=怖い というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、前職を調べてみると意外と普通の仕事をしていたという方も多いです。

    風俗業界でも、最近ではより多くの女性が働きやすいよう環境を整えていこうという動きを見せるお店も増えてきています。

    風俗のお店では一度体験入店をすることも可能です。

    風俗嬢としての働き方に興味がある方は、ぜひ一歩踏み出して、体験入店に行ってみましょう。

    より良いお店を探したいのであれば、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」がおすすめです。

    風俗求人サイトはたくさんありますが、「ヴィーナスジョブドットコム」はより客層の良いお店の求人を多く取り扱っています。

    ぜひ「ヴィーナスジョブドットコム」を利用して素敵なお店に体験入店しにいきましょう!

関連記事

急上昇のキーワード