キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 風俗の本強の上手な断り方・かわし方!本番強要客の特徴とセリフあるある

    風俗の本強の上手な断り方・かわし方!本番強要客の特徴とセリフあるある
    風俗のお店では、基本的に本番行為(挿入)は禁止されています。

    それなのに、本番を強要してくるお客さんというのは一定数存在するというのが事実。

    ・「本番強要されたとき、どうやって断ったらいいの?」
    ・「断ったら怒られたり稼げなくなったりしない?」

    と心配になってしまう方もいるかもしれませんが、本番行為は絶対に禁止されていることなので、基本的には断ってOKです。

    そこで今回は、本強されたときの上手な断り方やかわし方を紹介しながら、本強客の特徴とセリフなどあるある話なども盛り込んでいきます!

     

    そもそも本番強要(本強)とは?


    そもそも本番強要とは、本来禁止されている本番行為を風俗嬢に強要することをいいます。

    ようは、風俗嬢に対して、お客さんがセックスを誘ってくることです。

    風俗業界ではソープ以外のお店で本番行為が禁止されているため、本番を強要してくることは迷惑行為に当たります。

     

    どこからが本強って言える?

    そもそもどこからが本強と言えるのかのボーダーラインですが、どんな形であっても「本番させてほしい」ということを匂わせること自体が、本強になると思っていいでしょう。

    例えば、「挿れていい?」と直接的に交渉されることはもちろん本強と言えます。

    また、「挿れたい」と独り言のように言ってきた場合も本強ですし、例え言葉にしてこなくても素股から挿入を狙ってくる辞典で本強に当たると言えるでしょう。

     

    本強と似ている業界用語一覧

    風俗業界には専門用語がたくさんあります。

    本強と間違われやすい業界用語もいくつかあるので、違いを把握しておきましょう。

    【本番】
    本番とは、挿入行為(セックス)のことを指します。
    基本的にソープ以外の風俗店では禁止されている行為です。

    【円盤】
    円盤とは、お客さんからセックスをする代わりに対価を支払うことを交渉され、風俗嬢がそれに応じることです。
    風俗嬢から誘った場合も同じ意味になります。

    【基盤】
    円盤は対価を貰いセックスをしますが、基盤は対価を受け取らずにセックスをすることを指します。

     

    本強されやすい風俗業種

    ソープ以外の風俗店にはどの業種にも本番強要がありますが、デリヘルやホテヘルなど、店舗型に比べて派遣型のお店に多い傾向があります。

    理由としては、派遣型風俗店の場合、近くにスタッフがいないことを客側も把握しているため、その分本番強要がしやすくなるからです。

    店舗型であれば安心!とは言い切れませんが、できるだけ本強客に当たりたくない…という方は、店舗型の風俗店を選ぶといいかもしれません。

     

    本強は許しちゃダメ!本番をするデメリット


    「本強は断るのが面倒」「許しちゃった方が楽」「追加でお金がもらえるなら円盤したい」

    中にはそういった考えの風俗嬢もいますし、店側も黙認していることがあります。

    しかし、ソープ以外の風俗店で本番をしてしまうと、立派な違法行為になってしまうので要注意です。

    また、違法になることの他にも、本強を許してしまう事にはデメリットがたくさんあります。

     

    一度すると後戻りできなくなる

    本強を一度許してしまうと、「本番をさせてくれる風俗嬢」というレッテルが貼られてしまいます。

    もし同じ人から指名が入った場合、また本番をしなければいけません。

    また、掲示板などで情報を拡散され、本強客があなたのところに集まってしまう可能性も…。

    一度本番をしてしまうと後戻りできなくなってしまいます。

     

    飽きられて指名してもらえなくなる

    「本強を許せばその後も指名してもらえるかもしれない!」

    そう思うかもしれませんが、実は逆です。

    “男性はセックスがゴール”という言葉もありますが、一度本番をしたお客さんは満足をして、飽きられてしまう原因にもなりかねません。

    「手に入れるのが難しい物ほど欲しくなる」という男性心理を頭の片隅に入れておきましょう。

     

    バレたら罰金かクビ

    本強を許すことは、お店のルールを破ることになります。

    バレてしまった場合は、罰金かクビになってしまう可能性もあるでしょう。

    バレなければ大丈夫!ではありません。

    本強してくるようなお客さんは質が悪く、自らスタッフに漏らしてしまう可能性も考えられますよ。

     

    性病を移されるリスクが高くなる

    本番を許してしまうと、性病リスクも高くなります。

    自分の身体を危険にさらすことになりかねません。

    十分に気をつけましょう。

     

    お店や他のキャストに迷惑がかかる

    本来本番は禁止されているお店なのにも関わらず、あなたが一度本強を許してしまうと、お店や他のキャストにも迷惑がかかります。

    例えばそのお客さんが他の子を指名した際、「○○ちゃんはヤらせてくれた」と話題にされ、迷惑がかかるケースがあります。

    他のキャストのことも考えた上で行動しましょう。
     


    本強客のあるあるセリフ7選


    思わず「あるある!」と言ってしまいそうな本強客のセリフを紹介していきます。

     

    今時本番なんて普通にあるでしょ?

    何を勘違いしているのか、風俗店では本番行為が当たり前だと思っているタイプ。

    「普通ないですよ」と断ってOKです。

     

    他の子はみんなしてるよ

    こう言えば許してもらえると思っているのでしょう。

    「誰?」と聞くと、「言えない」と言ってきます。

    客がこういっているからと言って他の子がしているとは限りません。

     

    本番しないと指名取れないよ

    これも、こう言えば本強が通用すると思っているタイプ。

    本番しなくても指名は取れるのが普通です。

     

    本番させてくれたら次から指名してあげるよ

    大体本番をするだけして来ないタイプの客。

    本番がゴールだと思っているので、例え1度リピートしてくれたとしてもすぐに飽きて消えてしまいます。

     

    サービス悪いな~

    文句を言えばいいと思っているタイプ。

    本番は禁止されているのがルールなので、サービスが悪いのではありません。

     

    追加でお金払うからさ

    円盤目的ですね。

    お金を出せばいいと思っているのでしょう。


     

    お店には内緒にしておいてあげる

    風俗嬢に果たして何のメリットがあるのか。

    もはやこちらが今からお店に電話をして報告したくなりますね。


     

    本強されやすいのはこんな女性!狙われやすい風俗嬢の特徴


    どんな風俗嬢が本強客に狙われやすいのかというと…

    「No」と言えないタイプの女性です。

    本強客は、本番強要をしても断ることができなそうな女性を狙ってきます。

    例えば次のような特徴があります。

    ・新人風俗嬢
    ・業界未経験者
    ・大人しそう
    ・オドオドしている
    ・稼げてなさそう

    上記の特徴に当てはまらないように注意すると、本強されにくくなるでしょう。

    日頃から本強されることが多いという女性は、自分の接客態度を客観的に見直してみるといいかもしれませんね。

     

    本強されたときの上手な断り方・かわし方


    本番強要をされたとき、具体的にはどのような断り方をすればいいのでしょうか?

    効果的なかわし方や断り方をまとめていきます。

     

    はっきり断る

    基本的には、「本番はお店で禁止されているのでダメです」とハッキリ断ってしまってOKです。

    それでも本強をやめない相手には、下記の断り方を試してみましょう。

     

    早い段階で射精させる

    手コキでもフェラでもいいのでとにかく早い段階で射精させてしまうのが効果的です。

    男性は一度射精をすると性欲が冷めてしまう生き物です。

    射精させてしまえばしつこい本強もおさまるでしょう。

    「挿入より気持ちいいことしてあげる」と言って、手コキやフェラで抜いてあげましょう。

     

    穏やかに優しく断る

    できるだけ穏便に断りたい場合は、お客さんを褒めながら穏やかに断るのが効果的。

    ・「すごく紳士的で優しい人に見えたのに…」
    ・「ルールを守れる誠実な方だと思ったけど違うんですか…?」

    と、少し悲しそうな表情を見せるのがポイントです。

    冗談っぽく笑いを交えながら言ったり、頬を膨らませて可愛く怒ってみせたり、お客さんのタイプに合わせてみるのもいいかもしれません。

    褒めながら断ることで相手側も嫌な気持ちにはならないのでおすすめのかわし方です。

     

    次回に期待させる

    際どいかわし方ではありますが、次回に期待させるようなことを匂わすのも良いでしょう。

    「軽い女って思われたくないから、今日はしない!」
    「まだダメだよ、もう少し仲良くなってからね♪」

    と、やんわり期待させましょう。

    この方法であれば、長く持たせるのは難しいものの、次回のリピートや指名獲得にも繋がります。

     

    泣き真似をする

    男性は、女性の涙に弱い生き物です。

    本当に泣くのは難しいかもしれませんが、怒るより泣き真似の方が効果があるときもあります。

    悲しいフリや泣き真似で、最終的に「こんなこと言ってごめんね」と言わせてあげましょう。


     

    お店にコールするタイミングは“3回目”


    あまりに本強がしつこい場合は、お店にコールを入れましょう。

    タイミングとしては、3回断ってもしつこく本強されるときがベストです。

    どうしても本強がしつこい場合は、「お店に聞いてみます」と言ってお店に電話を繋げましょう。

    お店に連絡されるとなると本強客も大人しくなることがほとんどです。

    万が一危険を感じた場合は、忘れ物をした、トイレに行きたい、店から緊急連絡で…という理由をつけて、一旦外に出ましょう。

    無理をせず、お店に助けを求めてくださいね。

     

    本強客を接客する際の注意点


    本強をしてくる客にも、引き続き最後まで接客をしなければいけないのが風俗嬢の大変なところ。

    本強客を接客する際は次の点に注意しましょう。

     

    素股の時は手を添える

    手コキやフェラでイかせるというのもひとつの方法ですが、素股をする場合は手を添えて挿入させないようにしましょう。

    本強客は間違えたフリをして挿入してくる可能性があります。

    挿入させないよう常に意識しながら接客していきましょう。

     

    バックの体勢にはならない

    本強客にはできるだけ四つん這いのポーズをしないように要注意。

    お客さんの顔が見えない分、後ろから何をされるかわかりませんし、バックは男性側が主導権を握りやすい体勢です。

    バックになってと頼まれた場合は、「足を怪我していて」「腰が痛くて」などの理由をつけて、別の姿勢で接客しましょう。

     

    まとめ

    本番強要をされた場合、基本的には怖がらずにはっきりと断ってOKということを覚えておいてください。

    なぜなら本番が禁止されているのが、店のルールでもあり、法律でもあるからです。

    一度断ってもしつこい場合は無理をせずお店へコールを。

    本強客に引き続きサービスをする場合は、素股の際手を添えることとバックの体勢にならないことに気をつけましょう。

    また、本番強要をしてくるような質の悪いお客さんが多いお店にはそもそも入店しないことも重要なポイントです。

    本強客の少ない良質な風俗店に入店したい場合は、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」の利用がおすすめ!

    ヴィーナスジョブドットコムでは、良質な客層の風俗店の求人情報を数多く掲載しています。

    客層の良いお店に入店するには、お店選びが最も重要です!

    ぜひヴィーナスジョブドットコムを利用して良質なお店に入店し、本強に困らない風俗嬢ライフを送りましょう!

関連記事