キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 風俗と売春の違いを解説!違法性や逮捕される可能性は?

    風俗と売春の違いを解説!違法性や逮捕される可能性は?
    風俗は身体を使ったお仕事であるため、

    「風俗って売春と同じなんじゃないの?」

    と勘違いをしている方も多くいます。

    しかし、風俗と売春は全くの別物です。

    今回は、そんな風俗と売春にはどんな違いがあるのかについて解説していきます。

    風俗は安全に働けるんだという知識を身に着けて、より一層仕事への意識を高めていきましょう!

     

    風俗と売春の違いって?


    風俗と売春の違いを簡単に説明すると次の通りになります。

    風俗:国に許可を取って営業している
    売春:性行為をすることで個人間で金銭の受渡をする

    ちなみに、風俗店は次の2つが守られていなければ営業することはできません。

    ・風営法に基づいて国に営業届を提出し営業している
    ・サービスに挿入行為が含まれない

    上記が守れていれば、違法性はありません。

    では、もう少し具体的に風俗と売春の違いを解説していきましょう。

     

    そもそも売春とは?

    売春とは、上記でも説明した通り、金銭を得るために性行為を行うことです。

    誰と性行為をするかは基本的には自由ですが、ここに金銭が発生することは「売春防止法」として日本では法律で禁止されています。

    いわゆる「援助交際」なども売春に当たる行為で違法です。

     

    日本では昔、売春が合法だった?

    現代日本では売春は違法行為に当たりますが、実は昔の日本では売春は合法でした。

    売春という制度が生まれたのは鎌倉時代で、江戸時代には幕府公認の売春行為が認められ、多くの女性が身体を売っていたのが事実です。

    この時代は借金の肩代わりとして売春させられる女性が多く、辞めたいと思っても辞めさせてもらえませんでした。

    明治維新時代になると、売春営業をする代わりに政府に売上の一部を納めなければいけない「公娼制」という制度が生まれます。

    つまり、昔の日本では売春が国で認められていたということですね。

    しかし、第2次世界大戦後は、売春行為が徐々に厳しく取り締まれられることになります。

     

    1958年に売春防止法が施行

    1946年には公娼廃止指令が出され、1958年には売春防止法が施行され売春行為が禁止されることになります。

    では、なぜ急に売春行為が禁止となったのでしょうか?

    それは、自分の意思ではなく、むりやり売春をさせられていた女性を保護するためです。

    そういった女性を保護する目的として、次のような売春をサポートする行為についても厳しい罰則を与えることになりました。

    ・売春行為への勧誘
    ・売春の強要
    ・売春するための場所提供
    ・売春するための宿営業
    ・管理売春
    ・売春への斡旋

     

    現代でも問題視されている売春行為

    上記でも説明した通り、日本では売春防止法によって売春行為は固く禁止されています。

    しかし、現代でも問題視されるほど多くの人が売春行為を行っているのが事実です。

    特に最近ではパパ活なども流行しており、性行為をした場合は援助交際と同じで売春に当たります。

    出会い系サイトやマッチングアプリを利用した管理買春なども問題視されており、いまだに社会問題となっているのです。

     

    風俗はいつから始まったの?

    風俗は、売春防止法が施行されたことによってできた産業です。

    性産業がなくならないようにと、挿入行為を行わない性的サービスが出来上がりました。

    1960年代には、今で言うソープランドの元となる「トルコ風呂」やピンサロが風俗の発祥としてできたと言われています。

    当時売春は禁止されていたものの、性交類似行為(挿入行為以外のプレイ)を取り締まる法律はなかったため、挿入行為のない風俗店が次第に増えていきました。

    その後は、日本で風営法が改正されたことにより、風俗店を営業するためには国に届出を出さなければいけないという法律が決められています。

     

    売春で逮捕されることはあるの?



    売春は法律で禁止されていることです。

    その中で一番気になるのが、

    「じゃあ売春をしたら逮捕されるの?」
    「売春をしたらどんな罰則を受けるの?」

    ということでしょう。

    上記でも説明した通り、売春をサポートするような行為に関しては罰則が設けられています。

    では、売春をした本人や、買春をした本人はどうなのでしょうか?

    実は売春をした本人や売春行為そのものを取り締まる罰則は設けられていません。

    つまり、売春をしても、買春をしても逮捕はされないということ。

    だからこそ、売春はいまだになくならず、社会問題になっているのかもしれませんね。

    罰則を受ける対象は、売春をサポートするような行為をした人です。

    例えば、風営法や売春防止法に違反するような風俗店を営業している場合、経営者は逮捕されるということ。

    また、そういった違法店で働いている女性も処罰の対象になる場合があります。


     

    風俗は本当に違法じゃない?安全に働ける?


    中には、風俗店でも本当に安全に働くことができるのか心配している方も多いはず。

    風俗店の安全性についてもう少し深掘りしてみましょう。


    業種によるサービスの違い

    一口に風俗店といっても、業種によってサービスが異なります。

    【ソープランド】
    風俗店で唯一本番行為のある業種。自由恋愛のもとの本番行為であるということが原則となっている。

    【ヘルス】
    本番以外の性的サービスを提供している店舗型の風俗店

    【デリバリーヘルス】
    本番以外の性的サービスを提供している派遣型の風俗店

    【エステ】
    マッサージを中心に性的サービスも含む風俗店

    【オナニークラブ】
    自慰行為をする男性(客)を女性(キャスト)が見て性的興奮サービスを行う店

    基本的には、ソープ以外本番行為はありません。


    ソープはグレーゾーン?本当に大丈夫なの?

    ソープは唯一本番行為のある風俗店のため、

    「本番行為は売春に当たるから違法じゃないの?」

    と心配になる方も多いかもしれません。

    上記でも軽く説明しましたが、ソープはあくまでも「お風呂屋さん」として営業しているお店であり、キャストと客の間に何があっても店側は関与しない…という名目で営業をしています。

    「入浴中に恋愛感情が発生して本番行為をしてしまうこともあるよね…」ということで、法律が口出しをすることはできないのです。

    実際恋愛感情が発生するというのも言い難いため、グレーゾーンであることは確かですが、現行犯でないと逮捕をすることができません。

    つまり、警察が実際に挿入行為をしている現場を確かめることができなければ、逮捕はできないということ。

    ソープで働いているからと言って違法になるということはないので安心してくださいね。



    風俗が合法で働ける理由

    売春ではなく、風俗はなぜ合法で働けるのでしょうか?

    それは、風俗店は風営法に沿って届出を提出し、国の許可を取って営業をしているからです。


     

    売春ではなく風俗で働くメリット


    風俗で働く場合、売上の何%かはお店に取られてしまうため、

    「個人で売春した方が効率的に稼げるんじゃないの?」
    「売春しても逮捕されないなら援助交際の方が楽」

    などといった考えを持つ方も多いかもしれません。

    しかし、売春に比べると、圧倒的に風俗店で働く方がメリットがあります。

     

    トラブルが起きたときに店が守ってくれる

    もしお客さんとのトラブルが発生してしまったとき。

    風俗店に在籍していれば、お店側が仲介になって守ってくれます。

    しかし売春の場合は、何かあっても守ってくれる人はいません。

    売春は身体や金銭が発生する行為であるため何かとトラブルが起きやすいです。

    自分を守るためにも、法律を守って営業している風俗店で安全に働いた方がいいでしょう。

     

    ルールが決められているので安心

    風俗店は、各業種にそれぞれルールが決められています。

    本番行為は禁止ということはもちろんのこと、女性が嫌がる行為なども全面的に禁止されているため安心して働くことができるのです。

    ルール違反をしたお客さんがいた場合、店側がしっかり対処してくれます。

    しかし、売春はルールなどなく無法地帯のため、嫌なことをされても相手を注意してくれる人はいません。

     

    確実にお客さんをつけてくれるので稼ぎやすい

    売春は自分で相手を探す必要があり大変です。

    一方で風俗の場合は、お店側がお客さんを呼び込んでくれるため、安定して稼ぐことができます。

    特に求人サイトなどに名前のあるようなお店であれば、広告にしっかりお金を出して営業をしているので、その分お客さんの入りも良いです。

     

    違法風俗店に要注意!


    基本的に風俗店は安心して働けますが、必ずしもすべてのお店が法律に沿って営業しているわけではありません。

    最近では取り締まりも多くなり減ってはきましたが、国の許可なしに営業しているような違法店があるのも事実です。

    そのような違法店では、摘発される可能性が高くなることはもちろんのこと、本番行為を強要されたり、トラブルに巻き込まれる場合があります。

    そういった風俗店に入店してしまうと、場合によっては働いている女性まで罰則を受けてしまうこともあるので要注意です。

    違法店には絶対に入店しないように!

    そんな違法店に騙されないようにするためには、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」を使って良質な風俗店を探しましょう。

    ヴィーナスジョブドットコムでは、違法風俗店の掲載は一切しておりません。

    届出をしっかり提出した良質店のみ掲載しています。

    検索などもやりやすく、自分の希望通りのお店が見つかりやすいでしょう。

     

    まとめ

    風俗=売春だと考える方もいますが、風俗と売春にはしっかりとした違いがあります。

    日本では売春防止法として売春は禁止されており、援助交際なども売春に当たる違法行為です。

    事実上売春をしても罰則の対象にはなりませんが、立派な違法行為となりますし、安全に稼げるわけではありません。

    売春を考えているなら、ちゃんとした風俗店で安全に働いていきましょう。

    法律に沿ってちゃんとした営業をしている風俗店を探したい場合は、求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」がおすすめ!

    ぜひ活用して、より安全に稼いでいってくださいね。
     

関連記事

急上昇のキーワード