キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 風俗は病む仕事?メンタルを保つ方法と病んでしまったときの対処法

    風俗は病む仕事?メンタルを保つ方法と病んでしまったときの対処法
    風俗は高収入が稼げるお仕事です。

    「ラクをして稼げる」と言われがちですが、決してそんなことはなく、実際は精神的にも肉体的にもキツく大変なお仕事です。

    だからこそ、しっかりと自分のメンタルを大切にしながらお仕事と向き合っていかなければなりません。

    今回は、風俗嬢が病む理由を説明していきながら、メンタルを保つ方法や病んでしまったときの対処法を紹介していきます。

    風俗でしっかり稼ぐためには、安定したメンタルと身体が必要です!

    ないがしろにせず、きちんと自分のメンタルを大切にしていきましょう!

     

    風俗の仕事で病む10つの理由


    風俗嬢と言えば、「メンタルが弱い」「メンヘラ」と言われがちですよね。

    しかし、実際は風俗嬢がメンヘラなのではなく、もともと心身共に健康的な人であっても、風俗の仕事を始めたことをきっかけに病んでしまう人が多い傾向にあります。

    なぜ風俗の仕事をすると病んでしまうのでしょうか?

    それには次のようなたくさんの理由があります。

     

    もともと精神面が弱い

    もちろん心身共に健康的な人もいますが、やはり業界的にもともと精神面が弱い人が多い傾向があるのは事実です。

    特に精神的な病気を持っている方は一般的な仕事に適応できないケースもあり、色々な仕事を点々としたり、仕事が中々決まらなかったりすることがあります。

    その結果、未経験でも働きやすい風俗業界にたどり着くのです。

     

    そもそも精神的・肉体的に辛い職業

    風俗は1日に何人ものお客さんに性的なサービスを行う仕事です。

    肉体的な疲労はもちろんのこと、知らない人に性的なサービスを行うことになるため、精神的にも疲れるのは当たり前のことでしょう。

    決して“ラクをして稼げる仕事”ではないのです。
     

    性病が怖い

    性的なサービスが伴う分、いつ自分が性病になるのかという不安と隣り合わせで仕事をしなければいけません。

    一度性病になると繰り返しなりやすくなったり、将来的に不妊になってしまう可能性があったり、場合によっては命に関わる性病にかかってしまうこともあります。

    言ってしまえば、風俗は命がけのお仕事なのです。
     

    スタッフやキャスト同士との関係性が上手くいかない

    スタッフやキャスト同士との関係性で病む風俗嬢もたくさんいます。

    お店の質によって異なりますが、スタッフの質が悪いお店で働いていると、スタッフのミスで風俗嬢がお客さんに怒られる…なんてこともしばしば。

    また、風俗業界は常に人手不足に陥っており、少ない数のスタッフで営業を回すしかなかったり、質の低い人材でも採用しなければいけなかったりなど、様々な問題を抱えています。

    そのため、スタッフとの関係性に悩む風俗嬢が必然的に多くなってしまうのでしょう。

    また、同じお店で働くキャスト同士でも関係性が上手く育めずに病む風俗嬢も多いです。

    個室待機ができるお店であればいいのですが、特に集団待機の場合は、知らない女の子たちと時間を共にすることになり、リラックスできずストレスがどんどん溜まってきてしまいます。

    他の女の子は呼ばれているのに自分だけなかなか呼ばれずにお茶…というのも病む原因のひとつですね。
     

    質の悪いお客さんへの対応に苦しむ

    必ずしもいいお客さんがついてくれるとは言い切れません。

    場合によっては、不潔だったり、高圧的な態度を取ってきたり、プライベートのことをしつこく聞いてきたり、面倒なお客さんもたくさんいます。

    また、プレイ時に、乳首ばかり舐めてくるチクスト客や、激しい手マンをするガシマン客なども少なくありません。

    こういったお客さんの対応に疲れてしまうのは当然のことです。
     

    思うように稼げない

    風俗は歩合制のお仕事です。

    お客さんがつかずに1円も稼げなかった…というケースもあり得ます。

    待機をしているのに仕事が入らず思うように稼げないと病んでしまう原因になりかねません。
     

    掲示板で叩かれる

    風俗業界には、様々な掲示板が存在しています。

    掲示板で叩かれるというのも、病む原因のひとつになるでしょう。

    全く名前が出ずに平和に働ければいいのですが、全く名前が出ないという風俗嬢は中々いません。

    名前が出るということは人気である証拠ですが、あまり気にしないというのも難しいのでしょう。
     

    嘘をつかなければいけない場合もある

    友人や両親などには内緒で風俗嬢をしているという方が多いです。

    この場合、風俗嬢である以上、嘘をつき続けなければいけません。

    いつ身バレするのか…も不安な要素ですし、嘘をつき続けることも精神的に疲れてしまいます。
     

    未来が見えない

    風俗嬢は、若ければ若いほど稼げるお仕事と言われるため、先が見えずに悲観的になって病んでしまうこともあります。

    風俗を上がって次の仕事に就こうとしても、履歴書や職務経歴には書けない、次の仕事には活かせない、どう生きていったらいいかわからない…となりがちです。

    しかし、そんなことはありません。

    風俗業界は安定した市場に支えられた産業です。

    きちんとした仕事であることに違いはないので、悲観的にならないでくださいね。
     

    自分の価値がわからなくなる

    なかなか本指名が獲得できない、指名が減る…などの理由で、自分の価値がわからなくなってしまい、病むこともあるようです。

    お客さんが減ったからと言って自分の価値がないというわけではありません。

    お客さん側にも色々な事情がありますし、指名が入らないからと言って病む必要はありませんよ。

     

    風俗嬢がかかりやすい精神病とは?


    風俗嬢がかかりやすい精神病として、

    ・うつ病
    ・パニック障害

    などがあげられます。

    病んだメンタルを放っておくとこういった精神病にかかってしまいます。

    精神病になる前にしっかりとしたメンタルケアを行って、風俗のお仕事と向き合っていきましょう。

    大切なことは、ストレスを溜めないこと・上手に発散することです。

     

    病んでしまったときの対処法


    メンタルが病んでしまったとき、一番危険なのが放っておくことです。

    病んでいるのに「私は大丈夫」と言って、仕事ばかりしていると危険。

    すぐに病んだメンタルをケアしていきましょう。

     

    十分な休養をとる

    うつ病などの精神病は、脳が働きすぎの状態になると発病するそうです。

    「休む」というのはズルいことだと思ってしまうかもしれませんが、病んだ時は一旦仕事から離れてしっかり脳を休ませてあげましょう。

    きちんと休んで次の仕事に備える、というのも重要な仕事のひとつです。

     

    病院に行く

    自分ではどうしようもできないと感じたら、精神科や精神神経科、心療内科など、専門的な病院に行き、医師に相談するのもひとつの方法です。

    専門家であれば、適切な処置を行ってくれます。

    ただし、薬の処方については要注意。

    薬を服用すると副作用が伴い、性欲減退や喉の渇きなどの症状が出て、お仕事に影響がでてしまうことがあります。

    お仕事に影響がないような処置を行ってほしいことも伝えながら相談していきましょう。

     

    自分の好きなものを食べる

    ストレス発散の方法として、好きなものを食べて食欲を満たすことは、とても効果的な方法です。

    三大欲求の中でも食事は特に大きな幸福感を与えてくれると言われています。

    風俗嬢としては太らないように気をつけている方も多いかもしれませんが、病んだときは好きなものを我慢せず食べましょう。

     

    日中に好きなところに出かける

    買い物や旅行など、なんでもいいので好きなところに出かけましょう。

    ポイントは、日中に出かけること。

    風俗嬢をしていると夜型生活になりがちですが、日中に太陽光を浴びると、メンタルが回復しやすくなります。

    太陽の光を浴びて、好きなことをする。

    想像以上にメンタルケアになりますよ。

     

    掲示板を見ない

    気にしてしまう気持ちも分かりますが、掲示板は見て良いことはありません。

    自分のメンタルを保つためにも、極力掲示板は見ないように心がけましょう。

    匿名で書き込みができる掲示板は、どうしてもあることないこと書かれてしまうものです。

    ブックマークをしているなら削除、履歴に残っている場合も削除。

    見ないように徹底すると、徐々に見ないことに慣れてきてメンタルも安定してきますよ。

     

    病まずにメンタルを保つ方法


    上記では病んだときの対処法をお伝えしていきましたが、病む前にメンタルを保つことができる方法を知っておくことが重要です。

    次の方法を参考にしながら、病まずにメンタルを保てるよう意識してみましょう。

     

    気分転換できるものを探しておく

    日頃から、自分の好きなもの・気分転換できるものを探しておきましょう。

    ・寝る
    ・テレビや映画を見る
    ・音楽を聴く
    ・ライブやコンサートに行く
    ・買い物に行く
    ・アロマを炊く
    ・お気に入りのカフェでお茶をする

    本当に何でもいいです。

    ポイントは、自分の好きなことをとことん追求すること!

    自分の心が落ち着くものを探して、週に1、2回など定期的に気分転換をしましょう。

     

    ストレスなく快適に働ける良質なお店を探す

    仕事中に大きなストレスを感じてしまっているのなら、ストレスなく快適に働ける良質なお店に移店するというのもひとつの方法です。

    お仕事はストレスに直結するので、自分に合う良い店に在籍できれば、その分病みづらくなるでしょう。

    良質なお店を探したいなら、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」がおすすめです。

    スタッフや客層の良いお店を数多く掲載しています。

     

    信頼できる人に定期的に話を聞いてもらう

    人は、愚痴や悩みを口にして吐き出すだけでも精神状態が安定する生き物です。

    信頼できる人を1人でもいいので見つけて、定期的に話を聞いてもらうというのも、メンタルを安定させるひとつの方法でしょう。

    できるだけ、同業者や風俗業界に偏見のない方を選ぶこと。

    最近では、SNSなどに風俗嬢専用のアカウントを作って友達を作る方も多くおすすめの方法です。

     

    定期的に自分にご褒美をしてあげる

    日頃頑張っている自分に定期的にご褒美をしてあげましょう。

    ・好きなものを買う
    ・好きなものを食べる
    ・エステに行く
    ・旅行に行く

    なんでもいいです。

    月に何度かご褒美の日を作ってあげるのもいいかもしれませんね。

    自分で稼いだお金なのですから、たまには自分に使ってあげてくださいね。

     

    貯金をしておく

    「お金の余裕は心の余裕」ということわざがあるように、人はお金があると安心する生き物です。

    もし嫌なことがあっても、自分が頑張ってきた貯金を見るとホッとするはず。

    頑張った自分を評価してあげてくださいね。

    少しずつでいいので、貯金を心がけてみましょう。

     

    まとめ

    風俗は、一般的なお仕事に比べて病みやすい職業です。

    簡単な仕事、ラクして稼げる、と言われがちですが、決してそんな生半可な仕事ではありません。

    だからこそ、自分のメンタルをしっかりケアしてあげることが大切です。

    休養すること、自分へのご褒美を用意すること、それは甘えではありません。

    メンタルケアも仕事のひとつなので、ぜひ今回紹介した病んだ時の対処法や病まずにメンタルを保つ方法を実践してみてくださいね。

    また、病みづらい良質な風俗店に入店したい場合は、風俗求人サイトの「ヴィーナスジョブドットコム」がおすすめです。

    業界でも良質なお店の求人情報を数多く掲載しています。

    検索などもかけやすく、自分に合ったお店が見つかりやすいのもポイントです。

    ぜひヴィーナスジョブドットコムを利用して、安定したメンタルで働けるお店に入店してくださいね。

関連記事

急上昇のキーワード