キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 生理中の風俗の仕事はどうする?おすすめの働き方と生理用品を紹介

    生理中の風俗の仕事はどうする?おすすめの働き方と生理用品を紹介
    「生理中に風俗嬢が仕事をどうするのか」について、気になっている人も多いのではないでしょうか。

    生理だと仕事を休むしかないとお考えかもしれませんが、実はそんなことはありません。

    今回は、生理中の風俗嬢の働き方について見ていきましょう。



    生理中の風俗嬢がどのような働き方をしているのかを知って、無理なくお仕事をする参考にしてみてくださいね。


    生理中の風俗嬢は休めるor働ける?


    生理中の風俗嬢が休むべきかどうかは、ケースによるので一概には言えません。

    生理期間でも働く風俗嬢もいれば、休む風俗嬢もいます

    生理になっているときの風俗嬢は、働き方をどうするか悩むことが多いです。

    生理中でもエステやオナクラなら働きやすいですが、ヘルスやソープであればどうすれば良いのかわからない人も少なくないでしょう。

    自分が働けると思っていても、お客様が生理中の女性に接客してもらうことに抵抗を感じるケースも珍しくありません。

    事前にスタッフに生理中であることを伝えていないせいで、お客様と直接揉めてしまうケースもありえます。

    そんなときに使われるのが、生理休暇です。

    生理休暇とは、生理が来たことによって急に欠勤したとしても罰金が取られないお休みのことを意味します。

    生理中でも海綿を使うなど工夫して働く風俗嬢もいますが、衛生面や体調面を考えたら休みたいと思うことも多いはずです。

    生理休暇があるお店なら気兼ねなく休むことができるので、安心して働けます。

    生理休暇は1週間程度がもらえることが多いです。

    生理が来たらスタッフに申告し、生理が終わる頃を次の出勤日として調整してもらうことになるでしょう。


    ヘルス系風俗で生理中でも働く方法



    ヘルスやソープといった風俗店で生理中でも働きたいなら、工夫をしなければなりません。

    ヘルスなどでは女性が接客時に衣服を脱ぐので、ナプキンやタンポンを使って乗り切ることは難しいです。

    そのため、それ以外のアイテムを使って生理中は出勤することになります。

    生理中の風俗嬢がよく行う工夫とは、海綿の使用や膣内洗浄です。

    それぞれの特徴や具体的な方法について、見ていきましょう。
     

    タンポンの代わりに海綿を使う


    まず考えられるのが、タンポンの代わりに海綿を使う方法です。

    衣服を脱いだときにお客様に見えてしまうナプキンやタンポンよりも安心して使うことができます。

    海綿というのは、スポンジのことです。

    体にも負担がかからない素材なので、生理中でも使うことができます。

    海綿はドラッグストアやインターネットで1,000円程度で購入可能です。

    海綿は購入してそのまま膣に入れるというわけではありません。

    海綿は、だいたいピンポン玉くらいの大きさに自分でカットして使います。

    カットした海綿を水で濡らしてから絞り、膣の奥の方に挿入すれば準備完了です。

    膣に入れた後にカットしたときの大きさに戻り、経血を吸います。

    そのため、海綿を使えばお客様に気を遣わせることなく働くことが可能なのです。

    ちなみに、海綿は接客後に取り出します。

    お腹にグッと力を入れると下りてくるので、そのまま指で掴んで膣から取り出しましょう。

    もしも下りてこないようなら、シャワーで海綿に水を含ませることで重くなって落ちてきやすくなります。

    慣れるまでは取り出しに時間がかかりやすいので、仕事で使う前に練習しておくと良いでしょう。


    終わりかけなら膣内洗浄を行う


    もしも生理が終わりかけなようなら、膣内洗浄を行ってから接客をするという方法もあります。

    膣内洗浄とは、その名の通り膣の中を洗って綺麗にすることです。

    膣内洗浄はそのまま水道水でやると体に良くないので、「プチシャワー・セペ」という専用の水を使います。

    生理が終わりかけなのに微妙に血が出続けている場合には、膣内洗浄を行って出勤する風俗嬢も多いです。

    生理が終わりかけていて少しだけ出血している場合、膣内に残った血が出ているだけのケースがほとんどとなっています。

    ですので、生理が終わりかけの2、3日で残っている血をキレイに流すために使うようにすると良いでしょう。

    ただし、膣内には体を守る菌も存在しており、膣内洗浄は良い菌まで流すことになりかねません。

    本当に必要なときだけ用法用量を遵守して使用してください。


    生理になっても勤務できる風俗業種



    海綿の使用や膣内洗浄といった工夫をすれば生理中でもヘルスやソープで働けるとわかっても、なんとなく抵抗がある人も多いはずです。

    衛生面やお客様の満足度を考えると、気が進まない人もいるでしょう。

    そんなとき、生理になっても勤務できる風俗業種で働くという選択肢もあります。

    女性側が性器を触れられない風俗店なら、生理期間でも安心です。

    掛け持ちOKのお店で現在働いているなら、生理期間だけこのあとご紹介する生理中も働きやすい業種で勤務するのも良いでしょう。


    ■【オナクラ】基本的に手コキをする


    生理中の働き方をどうするか悩んだとき、よく候補に挙がるのがオナクラです。

    オナクラとはオナニークラブの略称で、男性がオナニーするときのサポートをする仕事内容となっています。

    オナクラは基本的には手コキをするサービスが主となっているので、生理中でも働きやすいと感じるでしょう。

    女性が衣服を全部脱ぐオナクラは少なく、通常は下着や水着になる程度のソフトサービスを提供します。

    オプションも手コキや胸を触らせる程度のものもあるので、生理中でもオプションをまったく付けられないことは少ないです。

    お店側に生理中であることを伝えて相談すれば、安心して働けるでしょう。


    【エステ系】ヘルスサービスがない


    オナクラと同じくらい、生理中の働き方の候補として挙がるのがエステ系の風俗店です。

    例えば、回春エステや性感エステを意味します。

    エステ系のお店で提供されるのは、マッサージを中心としたサービスです。

    ヘルスサービスがないか、オプションになっているお店が多いので、そういったところを選べば生理中でも働けるでしょう。

    シャワールームでも完全に衣服を脱がなくて良く、フィニッシュも手コキで行うのが一般的です。

    お店によってはヘルスサービスも多少行うケースがあるので、念のために事前に確認しておけば安心して働けます。


    【チャットレディ】下半身を見せない


    風俗嬢としての働き方とはあまり思わない人も多いかもしれませんが、生理中にチャットレディを行う人もいます。

    チャットレディというのは、パソコンやスマートフォンを使って男性とビデオ通話をする働き方です。

    お客様と会うことがないので、生理中の女性以外からも気楽にできる仕事として人気があります。

    お客様と会わないので、服を脱ぐ必要もありません。

    お客様に喜んでいただくためにサービスをするときも、無理のない範囲で行うことができます。


    【フェチ系】中には経血好きも


    最後にご紹介するのが、フェチ系の風俗店です。

    数は少ないですが、生理中の女性が働いていることを売りにしている風俗店もあります。

    生理中の女性に興奮する男性が利用されるので、気兼ねなく働くことが可能です。
    ただし、生理中に働くのは体調面でも負担がかかりやすいので、自分で無理のないように気をつけながら働かなければなりません。

    マニアックな世界に関心があるなら、検討してみるのが良いでしょう。


    生理休暇のある店や生理中でも働ける店を探すには?



    生理休暇のあるお店や生理中でも働けるお店を選ぶことで、今後は困らずに働けるようになります。

    今働いているお店が生理休暇を取りにくい場合や、生理中でも働けるお店でも勤務したい場合は、「ヴィーナスジョブドットコム」で求人情報を探してみましょう。

    「ヴィーナスジョブドットコム」は世界中の風俗店求人情報が掲載されているので、あなたに合ったお店を見つけやすいです。

    違法なお店は掲載されていないので、安心して気になる求人には応募してみてください。

    「生理休暇あり」「生理中の出勤OK」のような細かいこだわり条件でも検索できるので、安心して働けるお店を見つけられるはずです。

    「ヴィーナスジョブドットコム」を使ってあなたのストレスが少ない働き方を見つけ、生理中でも悩まずに風俗で働きましょう。

関連記事

急上昇のキーワード