キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • デリヘルとホテヘルの4つの違い!特徴やメリット・デメリットを徹底解説

    デリヘルとホテヘルの4つの違い!特徴やメリット・デメリットを徹底解説
    「デリヘルとホテヘルの違いって何?」
    「派遣場所以外に他の違いってあるの?」

    風俗業界に足を踏み入れたばかりの方は、特に疑問に思うことかもしれません。

    デリヘルとホテヘルの大きな違いといえば、“派遣される場所”ですが、実は他にも大きな違いがあるということをご存知ですか?

    今回は、そんなデリヘルとホテヘルの違いをまとめていきます。

    この記事を読めば、あなたにはデリヘルかホテヘルどちらが合うのかもわかりますよ。

     

    デリヘルとホテヘルの共通点


    デリヘルとホテヘルの違いを知る前に、まずは共通点から知っておきましょう。

    デリヘルとホテヘルには様々な違いがあるものの、プレイ内容やサービス内容に関してはほとんど同じです。

    お店のコンセプトによって細かい部分は変わってくるものの、基本的なものは特に変わりません。

    部屋に入り挨拶を済ませ、シャワーを浴びて、プレイをしていきます。

    プレイ内容に関しては次のようなことを行います。

    ・キス(ディープキス)
    ・全身リップ
    ・フェラチオ
    ・手コキ
    ・クンニ
    ・69(シックスナイン)
    ・素股

    お店によってはオプションなどで下記のようなプレイが必要になるケースも。

    ・口内射精
    ・ごっくん
    ・顔射
    ・複数プレイ
    ・即尺
    ・アナル舐め
    ・玩具
    ・ローション
    ・コスプレ
    ・撮影
    ・放尿(聖水)
    ・オナニー鑑賞

    オプションはお店のコンセプトによって様々な種類が用意されています。

    なお、本番行為はプレイに含まれていません。

     

    デリヘルとホテヘルの4つの違い


    プレイ内容はほとんど同じであることがわかりましたが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

    詳しく見ていきましょう。

     

    ①派遣場所(プレイ場所)

    冒頭でも少し説明した通り、デリヘルとホテヘルの大きな違いは派遣場所です。

    ようは、デリバリーされる場所(プレイ場所)が異なるということですね。

    デリヘルは、お客さんが指定した場所に女の子が訪問します。

    傾向としては、お客さんの自宅か指定するラブホテル、ビジネスホテルなどが多いです。

    一方ホテヘルは、名前の通り基本的にはラブホテルでのプレイとなります。

    ホテヘルには受付所と呼ばれる店舗があり、お客さんがそこに出向き女の子を指名して、指名した女の子と一緒にホテルへ向かうという流れが主流です。

    派遣されるホテルは決められていることが多く、受付所はホテルの近くにあります。

     

    ②受付方法・システム

    プレイ内容は同じですが、受付方法やシステムは異なります。

    デリヘルは電話一本で自分の指定した場所へ女の子を呼ぶことができますが、ホテヘルは上記でも説明した通り、一旦受付所に来店しなければいけません。

    ホテヘルは少しお客さんにとって手間かもしれませんが、直接受付所に行くことで、モザイクなしの宣材写真を見ることができ、女性が選びやすいというメリットがあります。

     

    ③営業時間

    営業時間にも違いがあり、デリヘルは24時間営業が可能な一方で、ホテヘルは夜の12時までしか営業ができません。

    デリヘルは派遣型なので店舗を構える必要がなく、営業時間の規制がないため24時間対応ができます。

    しかし、ホテヘルは店舗を構えるため、風営法の関係で夜中の12時までしか営業することができないのです。

    ホテヘルは法律上は店舗型の風俗嬢と同じ扱いになります。

     

    ④店舗数

    デリヘルは派遣型で店舗を構える必要がないため、言ってしまえば簡単にお店を開くことが可能です。

    一方でホテヘルは受付所として店舗を構える必要があるため、デリヘルに比べてお店を構えにくいという点があります。

    また、デリヘルは自宅やホテルなど派遣場所を選べますが、ホテヘルはホテルと限定されているため、ホテルの数が少なかったり場所が遠かったりする地方では、お店が構えにくいのです。

    実際、ホテヘルは東京や大阪など都心や繁華街に集中しているのが特徴。

    デリヘルは地方にも全国的にたくさんの店舗があります。

     

    デリヘルとホテヘルそれぞれのメリット・デメリット


    デリヘルとホテヘルの違いは大体お分かりいただけましたか?

    違いがある分、それぞれにメリット・デメリットがあります。

    デリヘルとホテヘルどちらで働こうか迷っているという方は、それぞれのメリット・デメリットを知った上で自分に合うお店を探していきましょう。

     

    デリヘルで働くメリット

    【店舗数が多くどこでも働ける】
    デリヘルは全国的にも店舗数が多いため、どんな地域に住んでいても働くことができます。

    出稼ぎという稼ぎ方も有効です。

    【深夜でも働けて稼ぎやすい】
    24時間営業ができるデリヘルでは深夜も働けて稼ぎやすいというメリットがあります。

    昼職をしている方でも掛け持ちがしやすいです。


    【回転率が良い】
    デリヘルは自宅やホテルなど派遣先を選べるため、お客さんも利用しやすく気軽に使っていただけるため回転率がよく稼ぎやすいというメリットも。

    指名が入ればどんどん仕事をこなすことができます。
     

    デリヘルで働くデメリット

    【清潔感のない・危険な場所に派遣される場合がある】
    稀なケースではありますが、派遣先が自由な分、部屋が散らかっていて清潔感のない自宅や、安くて汚いホテルなどに派遣される場合も少なくありません。

    その中で仕事をしなければいけないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

    【派遣されるまでお客さんの顔が見えない】
    ホテヘルなど店舗型のお店であれば、入店時にスタッフが顔や雰囲気を確認することができます。

    お店によっては怪しそうな人や見るからにおかしい人は入店拒否をできるため安心ですが、デリヘルは派遣されるまでお客さんの顔がわかりません。

    その分身バレのリスクが高くなってしまうことも。

     

    ホテヘルで働くメリット

    【プレイ前にお客さんの顔が確認できる】
    ホテヘルは受付所に来たお客さんの顔や雰囲気をスタッフがあらかじめ確認できます。お店によっては女の子がモニターで確認できる場合も。

    そのため、第一印象でNGにすることもできますし、知り合いが来た場合断ることもできるので身バレ対策にもなります。

    【綺麗な場所で快適に仕事ができる】
    デリヘルの場合は派遣先の幅が広く汚い自宅や安いホテルに派遣されることもありますが、ホテヘルの場合はあらかじめホテルが指定されているため、基本的には綺麗な場所で快適にお仕事ができます。

    【移動時間が短く時間のロスがない】
    デリヘルの場合、遠くに派遣されて移動に時間がかかってしまうことがありますが、ホテヘルは店舗近くのホテルへの派遣となるので、移動時間が少なくその分効率的に稼げます。

     

    ホテヘルで働くデメリット

    【徒歩で移動する場合も】
    お店によって違いはありますが、指名してくれたお客さんと一緒に派遣先のホテルへ移動するというシステムの店舗が多いです。

    お客さんと一緒に歩いているときに知り合いにばったり会ってしまうという可能性も少なくありません。

    【お店選びが難しい】
    ホテヘルは店舗数が限られており、ほとんどが東京や大阪などの都心部に集中しています。

    そのため、地方に住んでいる方は、近くにホテヘルとして営業している場所がなく、お店選びが難しい場合も。

    店舗数の多いデリヘルの方がお店選びは圧倒的にしやすいです。

     

    デリヘルとホテヘルどちらで働くべき?


    デリヘルとホテヘルはそれぞれに違いや特徴があります。

    その違いを知って、自分にはどちらが合っているかを見極めるのが重要です。

     

    初心者・未経験者にはホテヘルがおすすめ

    風俗初心者や未経験の方は、デリヘルでもお仕事は始めやすいですが、ホテヘルがおすすめ。

    ホテヘルは、受付所でスタッフがお客さんと対面することができ、変なお客さんが付きにくいからです。

    また、汚い自宅や清潔感のないホテルなどに連れて行かれるリスクも低く、比較的綺麗なホテルでお仕事ができます。

     

    たくさん稼ぎたい人にはデリヘルがおすすめ

    ・たくさん稼ぎたい
    ・自分に合うお店に入店したい

    という方には、デリヘルがおすすめです。

    デリヘルは店舗数が多いので自分に合ったお店が探しやすいのと、回転率もよく利用者も多いため稼ぎやすいという特徴があります。

    また、ホテヘルに比べてデリヘルの方が延長をとりやすいというメリットも。

    特に自宅に呼ぶお客さんは、120分以上のコースを予約してくれる方が多い傾向にあり、その分安定して稼げます。

     

    まとめ

    「対して大きな違いはないんじゃないの?」と思われがちなデリヘルとホテヘルですが、実はわかりやすい違いはたくさんあります。

    だからこそ、どちらで働こうか迷っている方は、それぞれの特徴や違いを知って、自分に合うお店を探すことが重要です。

    デリヘルやホテヘルでより安全に働ける良質な風俗店に入店したい場合は、風俗求人サイト「ヴィーナスジョブドットコム」の利用がおすすめ!

    ヴィーナスジョブドットコムでは、良質なデリヘルやホテヘルの求人情報を数多く掲載しています。

    検索もしやすい仕様になっているので、より自分に合う稼ぎやすいお店が探しやすいというのもメリットのひとつ。

    ぜひ自分の働きやすいお店をヴィーナスジョブドットコムを使って探してみてくださいね。

    自分の働きやすいお店に入店することで、稼ぎは大きく変わってきますよ!

     

関連記事