キープリスト

仕事を探す

働き方を知る

お店のコンテンツ

エリアを変える

  • 風俗の体験入店と給料アップの裏ワザ!本番と色恋管理に注意

    風俗の体験入店と給料アップの裏ワザ!本番と色恋管理に注意
    前回は、風俗は単なるバイトの1つ?風俗で働くことに興味がある人へという話をしました。では店はどう選べば良いのでしょうか?もちろん良いお店を選びたいし、気になるお店の面接には受かりたい。その辺のコツを聞きました。そしたら、給料アップするかもしれない、風俗業界ならではの裏ワザまで聞けてしまいました!

    ーー ところで、お店ってどう選べば良いんでしょうか?

    【山村茜】そうですね。まず、 多くのお店で設けている「体験入店」ていう制度があります。

    ーー「体験入店」聞いたことあります!

    【山村茜】ちょっと1回実際入ってみて、働いてみて、その後続けるかとか、この店は「ごめんなさい」しちゃうのか選ぶ際に、見極めた方がいいポイントと、面接の時にこうしたら好感度アップだよっていうポイントを教えちゃいます。

    特に経験がない方だと、お店にもよるんですけれども「講習」って言って、お店の従業員さんとホテルに行って、こんなことをやるんだよって教えてくれるお店があるんですけど、中には…本当一部だと思うんですけど、その講習の中でついついムラムラしてしまったのか、一線を越えてしまうことをしてしまう従業員さんてのがいるんですね。

    ーー 従業員とシちゃうんですか?

    【山村茜】教えてあげてる中で最後までしてしまって、これは2人だけの秘密だよとか。いわゆる「色恋管理」なんですけれども。

    ーー「色恋管理」って言葉もあるんですね。

    【山村茜】女の子を惚れさせちゃって「風紀」とか「色恋管理」て言うんですけど、「僕と君との間だけの秘密だよ」っていうことで、女の子を少し惚れさせるような感じでお店にいさせるようにする。そんな従業員さんとかもう最低です!直ちにやめましょう!あなた以外のほとんどの女の子にそれやってますから。絶対にそれは入っちゃダメ!

    あと、一通りの流れを教えてくれた時に、暗に法律ではやっていけないはずのことを匂わせる店員さん。

    ーー いわゆる「本番」っていう?

    【山村茜】そうですね。「もう女の子にもよるけどねー」 「やっぱりそうだよね。本指名たくさん持ってる子っていうのは、それなりに恋、なんていうか恋ね」「そういうサービスをしてる。それはみんなに任せてるんだけど」みたいな言い方をして、経験のない女の子にやっぱり最後までしなきゃいけなかったのかなって、ちょっと思わせるような、でもズバリの言葉は使わないんです。それを言ったらやっぱりいけない。

    ーー 犯罪者になりますからね。お店側が。

    【山村茜】でも、そうともとれる言葉で匂わせてくるお店って実はあって、それも全然いいお店じゃないです。しなくていいことは、しなくていいんです。ていうかやっちゃダメです。やっちゃダメだから。そんなこと言うお店は全然働いちゃダメ。これは選んで欲しくないお店のポイント。

    逆にいろんなポータルサイト見たりとかして「このお店にお世話になりたいな」と思う時もあると思う。そういう時に面接行く時に、気をつけるって言ったら変なんですけれど、ある程度、もちろんお化粧したりとか、可愛いらしい格好で行くのも大事なんですけど、お店のコンセプトに合っているかが大事。

    お店の制服はあるかもしれないんですけども、やっぱり人って外観から判断するから、落ち着いた人妻店、お姉さんみたいなお店に、お店の制服があるからっていって、ぴえん系女子みたいな格好で行ってしまうと「ちょっと違うかなイメージが」って言われちゃうとすごい残念。だからちょっとリサーチして、このお店で働く女性像ってどんな子かなって考えて、近しいお洋服で行った方がやっぱり好印象につながると思うんですよね。

    なんとなくでもいいから持ってる洋服の中のコーディネートで合わせるだけで十分だと思うんですよ。わざわざ買ったりとかはなくていいと思うから。清楚が売りのお店で、すごい爪ゴテゴテとかね、取ってからのがいいかもしれない。やっぱりどうしても人って第一印象って外見しかないから、そこで判断して、あなたがとってもいい人なのにも関わらず、そこのお店でちょっとイメージが違うって言って面接落とされちゃうのは、むちゃくちゃにもったいないから。

    こう言っちゃ言い方悪いけど、最初だけでいいんです。入る時だけで。後から自分のカラーだんだん出してく分には結構今更言えなくなっちゃうんで。お店って。だから、入る時だけは、ちょっとそのお店に寄せちゃった方が自分が後々働きやすいし、お得だし。採用してもらっても、もしかしたらあんまりオススメしてくれないかもしれないんですよ。だってスタッフさんが「ちょっと違うかもこの子」って心の中で思ってますから。だったらぶっちゃけ、お店のカラーに自分を寄せちゃった方が得ですよって。

    そうですね。うーん、他にも気をつけたいこと、これは経験者になってきてしまうと思うんですけれど自分のいいとこ、どんどんアピールしましょう。自分でお客さん、仲良しのお客さん持ってるよとかいう子は、隠さずそれどんどん言っちゃって「これだけ私お客さんこの店に連れて行けますよ」みたいな結構言っちゃうと、お店によってはちょっと他の女の子より高待遇にしてもらえることがぶっちゃけあります。

    ーー これは裏ワザ!!

    【山村茜】だから言ったほうがいい!そこは全然隠すことではないと思うので。同じグループ内の移動とかで、難しかったりする時もあると思うんですけども、全然違うところで言うんだったら、そういうの言ってみてもいいと思いますよ。もちろんその方が全員来てくれなかったとしてもいいんですよ。でもそれだけ、本指名を作れるだけのプレイを展開してくれる子って、お店が思ってくれるだけでも大きいと思うんで。もし仮に時給が必ずしもアップじゃなかったとしても、優先的にやっぱりお客さん紹介してくれると思うんで。こういうのはどんどん言ってっていいと思います

    ーー 大事な裏ワザですね。お金が全然変わってくる、積み重なる分。

    【山村茜】そうですよ!全然そこ大事なんで言ってった方がいいかなって思います。

    ーー しかし、話聞いてると立派な入社試験ですね。

    【山村茜】そうなのかな?ちゃんとした入社試験やったことないからさ。

    ーー はい。一般的な面接で大事にすることと同じ「なぜ御社を選んだんですか?」って言われることを想定して、ちゃんとリサーチして、相手が好むように合わせるって、場合によっては、髪をちゃんと黒くしといて、ちょっとずつ派手にしちゃうとか。いや普通の会社やんって。

    【山村茜】そうなんだね。私が普通の仕事で働いたことがないから知らないだけで、意外に皆さんいつも面接に行ってる雰囲気で、そんなようなことを生かして皆さんの方が合ってるかもしれません。

    ーー 本屋に行って面接用の本を買って読んでいいんだなって。風俗だってちゃんとした仕事なんだな、会社なんだなって聞いてて思いました。

    【山村茜】ありがとうございます。じゃあ皆さんのがその意味では経験値あると思います。業者さんのカラーに合わせてまずは行く。それで、自分のアピールしたい点はどんどん自信持って伝える。これは大事だと思います。

    ーー ただプラスアルファ、自分のPRを上手くするとお金が上がる可能性がある。それはなかなか一般の会社ではないですね。

    【山村茜】言ったもんがちだと思って!

    性ビジネスも立派な仕事であるということを伝えたくて始めた企画だけれど、まさかの面接の話から風俗だって普通の仕事であり会社であるという展開になるとは思ってもいませんでした。しかし、需要を把握して、供給して、お金を生む。それはどんな仕事でも同じで、そのために行う面接もやっぱり同じ。ただ、面接を上手にやって期待されると給料アップというのはなかなか面白いし役立つ裏ワザなので、ぜひ機会あれば挑戦してみて下さい!


    山村茜 Twitter
    にしくん Twitter Instagram
    VENUS JOB Twitter YouTube

関連記事